title.jpg(34077 byte)

トップページお知らせ写真集加盟校講師紹介幹部紹介歴史掲示板リンク





全日本学生合気道連盟の歴史      



全日本学生合気道連盟は、昭和36年6月26日に発足した合気道を稽古する学生の団体です。


発足の由来は昭和33年夏。当時、活動を行っていた大学は都内に数校を数える程度であり、
合気会本部道場、又は養神館道場に通う学生が中心となり、学部内で会を作り、ひたすら稽古に励むのが実情でした。


学生間に全く連絡がない実態を憂えた田中茂穂師範(現至誠館名誉館長)は、
「合気道を稽古する学生は、道場の違いに左右されず、
純粋な立場で横の連絡を保ち、学校間の親睦融和をはかり、学生合気道発展に尽くすべきである。」
という提案をなされました。
この話に共鳴された東大の亀井静香先輩らが中心となられ、
各学校に呼びかけを行われ初の会合が本郷で開かれました。


昭和34年5月、学生合気道連盟準備会が発足、直ちに東大が中心となり、
規約等を作成、会長に工藤昭四郎赤門会長、委員長に亀井静香東大主将が選任されました。


ところが、正式な発足準備に取りかかった頃より、会長選任についての対立が起こり、
分裂を避けるために対話がもたれましたが合意には達せず、昭和36年、
慶応大学と國學院大學が連盟を脱退。
慶応大学を中心に、関東学生合気道連盟が結成され、
現在は、合気会内に各地方団体の上部団体として、全国学生合気道連盟が置かれています。


以後、連盟は、演武会、合同稽古、演武旅行等を通し当初の趣旨を忠実に実行、
故富木師範独特の合気道体操を取り入れた合気道活動を行っていた早稲田大学を
はじめとする数校も加盟し現在に至ります。


2013年11月現在、
専修、拓殖、中央、東京、明治大学の5大学から19名の委員が選出され、
第55期連盟委員として運営にあたっています。

文献:東京大学合気道部機関誌『赤門合気道』