title.jpg(34077 byte)

トップページお知らせ写真集加盟校講師紹介幹部紹介歴史掲示板リンク





講師の先生方の紹介   





田中茂穂先生

1928(昭和3)年3月28日〜。東京出身。
1949年、拓殖大学卒業。

年少の頃より柔剣道を修行。戦後、合気道開祖植芝盛平翁、植芝吉祥丸道主より合気道を、
鹿島神流第18世宗家国井道之師範より鹿島神流を学ぶ。

1954年、東京大学合気道部を創設し、師範となるほか、中央大学、専修大学、富山大学、金沢大学、
日本国有鉄道本社、ならびに中央鉄道学園にて合気道の師範となる。

1973年、合気道8段位。明治神宮至誠館に奉職。

1993年、体育功労者文部大臣表彰受賞、秋の叙勲で木杯賜与。
至誠館館長退任、合気道九段位、名誉館長に就任。

1999年、武道を通じ諸外国との交流親善の功により、外務大臣表彰受賞。現在に至る。

毎年海外の指導、遠征は数多く、韓国、カナダ、ドイツ、イングランド、東南アジアそのほかに招請されている。


井上強一先生

1935年〜。養神館合気道範士十段、警視庁合気道名誉師範、綜合警備保障(株)講師。  
1935年、北海道遠別にて出生。

1940年、東京板橋に一家して転居する。

1955年、中央大学に在学中に養神館へ入門、塩田剛三館長より長年指導を受ける。

1970年、警視庁教養課兼警察学校に勤務し、婦人警 察官、警護専科生、機動隊員などに合気道を指導。

1990年、定年退職後、養神館本部道場道場長に就任する。

2002年、養神館館長に就任。
      AIKI EXPO 2002、2003参加師範の一人。

2004年、合気ニュース創刊30周年記念「友好演武会」演武師範。

2007年、養神館館長退任。



稲葉稔先生

1944(昭和19)年、東京生まれ。明治大学卒。
高校卒業時に合気会系本部道場に入門。植芝盛平翁に親近した島田和繁氏と知り合う。
その縁で山口清吾師に入門。

1965年春、鹿島神流国井道之師に入門、最晩年の教えを受け、歿後、独自の武道探求をすすめる。

神道思想家、葦津珍彦氏に師事し、日本思想を学ぶため神社新報社記者となり、
民族精神回復運動にかかわる。

1973年10月、至誠館の武道研修科師範となる。



成山哲郎先生

1947(昭和22)年山形県に生まれる。
1966年国士舘大学入学、富木謙治師範と出会う。

卒業後、富木謙治師範、小林祐和師範のもとで研鑚。

現在国士舘大学体育学部武道学科、早稲田大学体育局、大阪府警察学校講師。
日本合気道協会常任理事・師範、同協会中央道場昭道館専任師範。
昭道館合気道連盟師範



松尾正純先生

八段 養神館師範
1942年生まれ。1964年飯田橋の養神館道場に入門。
寺田精之先生に師事、以来直接教授を受け現在に至る。
横浜市を中心に定期的な合気道クラスでの指導、
寺田精之養神館最高師範の世界各国で行われる合気道セミナーに助手として同行。

京都産業大学合氣道部師範としての活動など幅広い合気道普及活動を行っている。
精晟会横浜代表
全日本養神館合気道連盟 理事
横浜市体育協会評議委員
横浜市体育教会・合気道連盟 副会長



松尾千津子先生

七段 教士
精晟会あざみ野代表
あざみ野中学校
向陽台小学校

東洋英和女学院大学合気道部指導
養神館最高師範寺田精之先生に同行し国内及び海外セミナーにて指導
(アメリカ・カナダ・ブラジル・ロシア・イギリス・フランス・オース トラリア・・・等)



大森竜一先生

昭道館武蔵野(代表)
NPO法人 昭道館合気道連盟 東日本合気道競技連盟師範 
国士舘大学(講師、合気道部監督)
早稲田大学エクステンション(合気道講師)
武蔵野市土曜学校(合気道講師)
また都内スポーツクラブでも合気道講師を務める
国士舘大学入学後、成山哲郎師範と出会いその技に魅せられ合気道を始める。
四年生の時には国士舘大学合気道部主将を務める。
大学卒業後、合気道を科学的に解明しようと体育学部、更に大学院へ進学する。

しかし、合気道の技術を突き詰める道を選び、大阪の昭道館本部道場にて成山師範の下、
内弟子2年半を含め延べ4年間修行する。
2000年5月に帰京し昭道館武蔵野を立ち上げる。

2005年12月25日に昭道館本部道場(大阪)で行われた、昇段審査会において六段に昇段する。

海外指導暦
1990年に成山師範の助手としてアメリカに同行したのをはじめとしてイギリス、オーストラリア、スイスと計11回。